お客様インタビュー(K様)

最初は中古マンションを探したけれど、よい物件が見つからなかった豊島区のK様。その最中に賃貸併用住宅の存在を知り、土地から購入して新築することになった経緯をうかがいました。

中古マンションを10軒くらい見たけれど…

― まず、賃貸併用住宅の家を購入する前は、どのようなお住まいだったのでしょうか?

結婚してから、目黒や蒲田の賃貸のマンションに住んでいました。
 

― 家の購入は、どのようなきっかけで考え始めましたか?

結婚して数ヶ月経って落ち着き、「家が欲しいね」という話になりました。また、職場の人からも「家賃を払い続けるのはもったいないよ」と言われ、考え始めました。

― 最初から賃貸併用住宅で考えたのですか?

いえ。賃貸併用住宅の存在さえ知りませんでした。最初は中古マンションを探しました。
 

― やはり最初はネットで、物件を探したり、不動産について情報収集をしたのですか?

そうですね。最初はネットで検索し始めました。大手の不動産ポータルサイトで中古マンションの物件を検索し、良さそうなのがあったら取扱いの不動産店に連絡して見学に行くということを、10軒くらいしました。けれど、どの物件も一長一短という感じで、なかなか良い物がなかったのです。
 
一方、投資用物件にも興味がありまして、中古マンションを探すのと並行して投資用物件もパラパラと見ていたら「賃貸併用住宅」という言葉が出てきて、「なんだこれは?」と思い、調べ始めました。
 

― 賃貸併用住宅を初めて知った時、どう思いましたか?

「怪しい!!」と思いましたよ。(笑) マイホームを持てて、家賃収入も入ってくる。そんな「2回美味しい話」が、あるのかと思いました。

― やはり最初は、そう感じるのですね。

賃貸併用住宅はさらに、色々と知るべき情報が多いので…
例えば、「住宅ローンで買うためには、住居部分が51%以上必要」とか。そういった情報が色々あって、「どういうものなのか、いまいちよく掴めないな」というのが、最初の印象でしたね。

賃貸併用住宅を勉強もしたけれど、人に聞いたら早かった

― そこから、どうやって賃貸併用住宅の理解を進めましたか?

賃貸併用住宅に関する本を買い込んで、読み漁りましたね。20冊くらい買って読んだんじゃないかな? もちろん、ネットでも色々検索したりとかもしました。
 

― すごいですね。

けれど、やっぱり本やネットだけでは「キャッチボール」ができないので、疑問に思っていることがあってもなかなか解消しないんですよね。

そこで、中古マンションを見学する時に、営業の方に、賃貸併用住宅とはどうなのか聞いたりもしました。
 

― やっぱり、聞くのが早いですか?

そうですね。やっぱり、質問ができるので。

話が少し戻りますが、中古マンションを買おうとしている段階でも、営業の方に質問をして得られた知識は、やはりたくさんありました。話を聞いてみたら、想像していたのと全然違うこともありましたし。
 

― どんなことが、想像と違いましたか?

例えば、「不動産の物件はたくさんあるので、好きなように選べるのかな」と思っていたら、実はそんなことは全然なくて、良い物件は急いで買わないとすぐ売れてしまう、とか。
 
家を買うのって、みんなもっと慎重に動くものかと思っていたら、そんなことはなくて。みんな、自分の買いたい条件を決めた状態で物件が出てくるのを待っていて、出てきたらすぐに買ってしまうというのは、想像と違っていましたね。
 

― 営業の方にコンタクトを取ると、押し売り営業をされるのでは?といった不安などはありませんでしたか?

それはあまり考えなかったですね。もしそうされたら、断ればよいことですので。
また、複数のところで話を聞いて、総合的に考えることも必要ですね。

― なるほど。中古マンションを探していたのが、土地を買って新築を建てることに大きく変わった訳ですが、そこに躊躇はありませんでしたか?

そもそも、この年齢(※ご主人は30歳)で、家を建てられるとは思っていなかったのです。それが、営業の方からできるということを聞いて、自分で計算してもできることがわかって、それなら買ってしまった方が得だ、と考えました。

image_cust02_005

陽射しが明るく差し込むリビング

そしてさらに、戸建を建てるのなら、普通の戸建よりも賃貸併用住宅の方が色々と得だろうと考えました。

はたらくおうちの、最初の印象は?

― ではお話を戻して、はたらくおうちとの出会いはどのようなきっかけでしたか?

賃貸併用住宅の物件を探していたところ、賃貸併用住宅のプランを乗せた建築条件付き土地が不動産サイトに出ていて、その取扱いをしていたのがはたらくおうちでした。それで、問合せの電話をしました。
 

― 電話をして、どのような話になりましたか?

「ではお会いして、詳しい話をしましょう」ということになり、来店日時を約束して、お店に行きました。
 

― 初めて来店して、お店や、担当営業の達の印象はいかがでしたか?

担当営業の達さんと最初に話したらとても楽しく、頼もしく感じました。経験から来る落ち着きがあり、プロの方だなという雰囲気を感じましたね。
「なにがなんでも売ろう」というような感じもなくて、それがよかったです。

image_cust02_007

キッチン

― 他の不動産店と比べても、良かったですか?

別の不動産店さんでは、「この人、新人なのでは?」という方が出てきたりしたのです。一生懸命やってくれてはいるのですが、いかんせん経験が浅く、質問してもその場で答えられなかったりとか。
やはり、こちらは大きな買物をする訳ですので。ちょっと、任せられないなあと思いました。

― なるほど。そうですよね。先ほど「会って聞くことで、たくさんのことがわかる」というお話がありましたが、ではやはり達にも、たくさん質問をなさったのですね。

そうですね。賃貸併用住宅のことをはじめ、本当に何から何まで、根掘り葉掘り聞きました。それも全部、しっかりと答えていただきました。
 

― 最初の来店後は、どういう流れになりましたか?

「では次は、その物件を見に行きましょうか」ということになり、日を変えて見学に行きました。それが、ここ(買った所)です。

物件は「土地」ですので、見たところでどうという訳ではなかったのですが、周辺環境を確認できたのがよかったです。周りに高い建物がなさそうとか、新しい建物も多くて、この地域に最近住むようになった人も多そうとか。
古くから住んでいる人ばかりで排他的だったりするのは、困るなあと思っていましたので。
 

― なるほど、重要ですね。このエリアにしたことは、理由があったのでしょうか?

賃貸併用住宅が建築可能ということを明言している物件自体があまりなかったので、選択肢はほとんどなかったというのが、まずあります。

ピックアップしている物件はその他にもあったのですが、どれも、全くゆかりがなかった地域なのに対し、ここはある程度知っている地域で、よい所であることもわかっていたので。
 

― 賃貸併用住宅のプランが乗っていない土地であっても、要望すれば建てられるのではないですか?

確かにそうですが、それは難易度が高過ぎて選択肢からはずしましたね。土地の広告に注釈で書かれている様々な条件も複雑で、素人には判断が難しいですし。

賃貸併用住宅のプランが乗っていたなら、それは大丈夫な土地なのだなと考えました。
 

― ではもう、この土地を見て、すぐ決断して買うことにしたのですね。

そうです。場所もよかったですし、プランを見ればどういう建物ができるかのイメージもできましたので。

― すると、融資のお話になりますね?

そうですね。はたらくおうちで、住宅ローンの融資をしてくれそうな銀行をいくつか紹介してくださり、与信をしてもらったところで審査が通りました。少々苦労しましたが。
 

― はたらくおうちが銀行を紹介する前に、自分たちで直接銀行に行ったりはしましたか?

それは全くしなかったですね。

設計士からの提案とは?

― では、紹介された銀行で審査が通り、土地を買うことができたので、次は建物のプランですね。
まず、建物は何階建てで、どこが住居部分で、どこが賃貸部分になっているか教えてください。

3階建てで、1階に賃貸部分が2部屋。2階と3階が住居部分です。
 

― 最初に付いていたプランからは、だいぶ変えたのでしょうか?

いえ。最初に付いていたプランとほとんど同じですね。変えられなかったということもありますが。
 

(はたらくおうち営業・達)この土地に建てるには、目いっぱいの間取りのプランだったのです。

 

― そうだったのですね。

でも、もともとのプランがちゃんと考えられたものでしたので、不満は別になかったですね。
中はある程度変えられるということだったので、クローゼットの扉などの内装と、あとは3階の間取りをを少し変えましたが。
 

― 3階は、どのように変えたのですか?

3階を、最初は2部屋にすることで考えていたのですが、設計士さんから「今は夫婦2人だけなので、広く取って、1部屋にした方がよいのでは」と提案してくれて、今は1部屋に。そして将来的には、3部屋に区切れるようにしました。
 

― 今後の家族構成の変化にも対応できる訳ですね。

そうですね。子どもができたりとか。どちらかの親が来て、住むことになるかもしれませんし。その場合、1階の賃貸部分に住んでもらってもよいかもしれません。
今の時点ではどうなるかわからないことにも、賃貸併用住宅は対応しやすいですね。
 

(はたらくおうち営業・達)賃貸併用住宅は、二世帯住宅的にも使えるのです。玄関が違うので、お互いのプライバシーも守られますね。

 

image_cust02_011

今は1部屋にしている
部屋を、
将来的には
3部屋まで区切れます。

また、建築プランの話と並行して、LIXILのショールームに行って外壁や玄関ドア、キッチンなどの、部材や設備を決めました。1日で全部一気に決めたのですが、あれはたいへんでしたね。

image_cust02_012

キッチンも、すべてLIXILのショールームで選びました。

でも、外壁はレンガのようにすることなど、希望通りの物になって、とても気に入っています。
 

― 入居してみて、いかがですか?

やはり、「自分の家はいい」と思いますね。木造新築なので、木の匂いがするのも落ち着きます。周辺環境も、閑静で大好きです。
 

(奥様)高い建物が周りにないので、2階も3階もとても見晴らしがよく、実際のスペースよりも広く感じますね。陽当たりもとてもよいです。広くなったので友達も呼びやすくなり、うれしいです。

image_cust02_013

自分たちの好みの物に
変更したクローゼット

入居者と同じ建物で暮らすのは、どう?

― 賃貸部分の方なのですが、入居者募集はいつから始めたのでしょうか?

竣工後、すぐにはたらくおうちで入居者募集を始めてもらい、すぐ決まりましたね。
 

― そうなのですね! よかったです。

本当によかったです。賃貸部分がちゃんと埋まるのかどうかは、やはり心配でしたので。
 

― 入居者との間で、特に問題などは起きていないですか?

今のところ、何も問題は起きていないですね。
 

image_cust02_014

1階の2部屋が賃貸部分。外階段を上がり、2階・3階が
住居部分。

― 借りている人と顔合わせなどはしていますか?

全くしていないです。入居者さんの対応は、すべてはたらくおうちにお任せです。
 

― お互い、音が気になったりはしていませんか?

全く気にならないですし、下の賃貸部分にいる人からも言われたことはないですね。下の人に気を遣って静かに歩くといったことなども全くしていないけれど、何も言われないです。
 

(はたらくおうち営業・達)完全に賃貸併用住宅用の設計・施工をしています。2階の床と1階の天井の間に防音材をダブルで入れて、さらにクッション材を入れているんですよ。

 
クッション材を使用して音を吸収するというのは、専門業者さんでないと気付かない観点なので、助かりました。
 

― ローン返済と家賃収入で、プラスマイナスはいかがでしょう?

私たちはもともと中古マンションを買うつもりでいたので、「中古マンションを買った時の、月々の返済額」を基準に考えました。
 
ですので月々は、家賃収入より返済の方が多いです。それでも、中古マンションを買った場合よりも、支払額が少し多くなっている位ですね。
それで、戸建に住めて土地も持てるので、良い買物です。マンションでは、土地も持てませんから。

― 賃貸管理でも、問題はありませんか?

はたらくおうちにお任せですが、何も問題ないですね。

賃貸併用住宅を選んで、どうだった?

― 賃貸併用住宅にして、総合的にどうでしたか?

大正解だったと思っています。土地を買い、家を建てるのは、当然大きな買物な訳ですが、家賃収入があるおかげでそれが半分くらいになりますので。さらには、土地という資産も残りますし。
 
また、最初は投資用物件の購入を考えていたので、投資用のアパートローンについても調べましたが、それと比べると住宅ローンがいかに有利かを実感します。金利はとても低いし、期間も長く取れる住宅ローンを使える賃貸併用住宅は、本当に有利です。
 
さらには、何年かしたら住宅ローン返済の実績も見てくれるので、次の投資用物件も買いやすくなりますね。不動産経営の観点からも、投資用物件のよい練習になっています。
 

― はたらくおうちと出会えて、よかったでしょうか?

もちろんです。はたらくおうちと出会っていなかったら、買えていません。
 
良い設計士さんと出会えたと思っていますが、それも、はたらくおうちで紹介してくださったからで、自分ではたどり着けなかったです。

ネットワークを持っていらっしゃるのというのは、とても重要です。こちらはお任せしていれば、大丈夫でした。
 

― はたらくおうちの、総合的な感想をお聴かせください。

すごく親身に相談に乗ってくれ、二人三脚で進めてくれました。銀行や設計士、建設会社、それぞれで最適な会社を紹介してくれ、フォローも責任持って行ってくれました。
賃貸部分の入居者募集と賃貸管理もしっかりやってくれて、本当に頼んでよかったですよ。
 

― 最後に、家を買おうとしている方へメッセージをお願いします。

一番お伝えしたいのは、「話を聞くだけなら、ただ」ということですね。ネット上で色々調べるだけで止まっていては何も進まないので、まずは問合せをするなどの、アクションをしてみてはいかがでしょうか? それで聞いた話をもとに、色々判断をして行けると思いますので。
 
実際に家を建てた立場からは、「家があるのは、とてもいいものです」とお伝えしたいですね。落ち着ける自分の家があり、子どもたちに資産も残せますので。もし悩んでいらっしゃったら、まずは話を聞いてみてはいかがでしょうか。「聞くだけなら、ただ!」ですよ。(笑)
 

― ありがとうございました。