はたらくおうちならではのメリット-一度入った入居者は逃がさない!?その仕組み

賃貸部分の空室を極力なくすためには、入居者を新規に募集することのみならず、現在入居している方が解約して出て行ってしまうことを、防止することも重要です。

 

転勤や、家族の都合など、どうしても転居しなくてはならない理由がある場合は解約がやむを得ませんが、物件になんらかの不満があることが理由で他の物件に移りたいという場合は、阻止をすることが可能です。

 

はたらくおうちでは入居者のヒアリングを徹底して実施することで、解約につながる物件の不満・不安を事前に把握し、先手を打って改善しています。
2011年よりこの活動を強化し、解約率が2011年で25%だったところ、2014年には15%に低下しています。

 

はたらくおうちでは「空室を極力作らない」ということに関してオーナー様と同じ立場ですので、このように入居者の解約を防止する仕組みも持っています。