はたらくおうちならではのメリット-入居者が集まりやすい、その秘密とは…?

はたらくおうちでは、賃貸併用住宅の賃貸部分に入居者に入ってもらえるよう、インターネット上の各種不動産サイト、不動産情報誌、現地周辺看板などの媒体を使った募集広告を多量に打つだけでなく、社宅斡旋や企業への直接訪問による物件紹介など、積極的な募集活動を行います。

 

また、はたらくおうちの入居者募集はこれだけでなく、他社よりも入居者が集まりやすい仕組みを持っています。
物件広告を自社だけで行うのでなく、大手不動産会社や、物件近くの地元不動産店と入居者募集の提携をして、物件を幅広く紹介する機会を作ります。

 

このような場合、提携先が入居者を見つけてくれた場合は、通常であれば当社が拝領する、オーナー様からいただく賃貸仲介手数料(家賃の1ヶ月分)を、当社では拝領せず、入居者を見つけてくれた提携先に渡します。
つまり提携先としては、通常なら入居者からしかいただけない賃貸仲介手数料を、入居者とオーナー様の両方からいただくことができる訳で、一つの取引で、二つ分の取引の収入が入るのです。
このため提携先で、他の物件よりも優先して紹介してもらえる機会が多くなるのです。

 

賃貸物件の入居者募集を請け負った他の不動産店では、入居者とオーナー様の両方から賃貸仲介手数料をもらいたいために、物件の情報を他社に公開せず、自社だけで入居者を見つけようとすることが多くあります。
これでは物件の情報が広く行き渡らなくなり、入居希望者に情報が届く可能性が圧倒的に低くなってしまいます。

 

はたらくおうちでは、一括借上げシステムでオーナー様に家賃保証をするので、入居者が入らず、長期間空室になっている部屋があると、自社にかえって損害が発生してしまいます。このため空室が発生した場合は、一日でも早く入居者が見つかることを優先し、このようなシステムを取っています。

 

はたらくおうちではこのように、「早く空室を埋める」ということに関して、オーナー様と同じ立場での入居者募集活動を行っています。