賃貸併用住宅のメリット-超格安で、生命保険の代わりになるものとは?

ローンで不動産を購入する場合、団体信用生命保険(団信)に加入することになります。
団信とは、ローンを組んだ人が万一の事態で亡くなった時に、保険会社がローンの残りの金額(残債)に相当する保険金を、ローンを貸し出していた金融機関に支払ってくれる仕組みです。

 

これにより遺されたご家族はローンの残りを負担することがなくなり、返済が終わった不動産(資産)だけが残ります。

 

通常の生命保険でこれだけの補償をもらおうとすると、かなりの額の保険料を支払うことになります。しかし団信は、通常の生命保険よりも圧倒的に低い保険料でこの補償を受けることができます。

 

賃貸併用住宅は家賃収入を発生し続ける存在ですので、さらに団信に加入することで、万一の事態が起きても残債はなくなり、遺されたご家族に安定した収入を生み出し続けてくれます。