賃貸併用住宅のメリット-家賃を払い続ける場合との差は、●千万円!?

賃貸の部屋に住んで家賃を払い続ける場合と、賃貸併用住宅を購入する場合の、支出の比較をしてみましょう。

 

賃貸に住む場合

<家賃> 月10万円とすると → 年間家賃120万円
35年払い続けるとすると、 120万円×35年=4,200万円
<更新料> 2年に一度、家賃1ヶ月分の更新料が発生するとして、 10万円×更新17回=170万円

         ↓

【35年で支払う住居費合計】 4,370万円
【35年後に残る資産】 なし

 

賃貸併用住宅購入の場合

購入物件は、5,980万円(土地3,700万円+建物2,280万円)とします。
 
<ローン返済>
住宅ローン金利 0.775% 借入れ年数 35年とすると、月々の返済額 149,012円

<家賃収入>
家賃80,000円の部屋を2部屋造るとすると、毎月の家賃収入 160,000円

→ 差引き 毎月 10,988円のプラスとなります。ローン返済への持ち出しはありません。

 

35年間では、金利・家賃が一定と仮定すると、

35年で支払う金額合計 149,012円×12ヶ月×35年=約6,260万円
35年の家賃収入合計  160,000円×12ヶ月×35年= 6,720万円

 
【35年で支払う住居費合計】 差引き 約460万円のプラスとなります。

【35年後に残る資産】 建物の価値はゼロとしても、土地が残ります。
土地の価格は、都心の良い立地の物件なので下落はあまり考えられえず、3,700万円と考えてよいでしょう。

 

差は8,530万円!

結果的に、賃貸に住み続けた場合は4,370万円のマイナスに対し、
賃貸併用住宅を購入した場合は、4,160万円(460万円+3,700万円)のプラスとなり、

その差は8,530万円にもなります。

 

賃貸に住み続ける場合と、賃貸併用住宅を購入する場合とで比較すると、これだけ大きな違いが出てくるのです。