賃貸併用住宅のメリット-ライフスタイルの変化に応じて様々に使える

賃貸併用住宅は、ライフスタイルの変化に応じて様々な形に使うことができます。

 

例えば当初は、上の階を住居部分、下の階を賃貸部分にしたとします。
年月が経ち、親御様が高齢になった時は、賃貸部分を貸すことやめて、親御様にそこに住んでもらうことができます。
その必要がなくなったら、また賃貸として貸すこともできます。

 

当初の住居部分についても、例えば4LDKなどで広く取っていたが、子どもたちが巣立ってそこまでの広さが必要なくなった時は、自分たちが賃貸部分に移り済み、住居部分としていた部分を賃貸にして貸すことができます。

 

賃貸併用住宅はこのように、ライフスタイルや家庭事情の変化に応じてとても柔軟に使うことができます。賃貸併用住宅には、家族構成の変化などの生活環境の変化にも対応しやすいというメリットもあるのです。