賃貸併用住宅とは-首都圏だからこそ!賃貸併用住宅

日本では既に人口の減少が始まっており、人口はこれから減り続けて行くことがほぼ確定しています。
しかし、この人口減少は全国で一律に起きる訳ではありません。首都圏では一極集中により、今後も長期に渡って人口流入、人口増加が見込まれています。

 

一方、地方では、ほとんどの地域で人口が減少して行きます。この動向に合わせ、地方での土地値の下落、家賃の下落は、既に始まっています。

 

地方の老朽化したマンション1棟と、首都圏に新築する賃貸併用住宅では、取得金額が同程度かもしれませんが、賃貸併用住宅の方が将来的な資産価値が圧倒的に高いと言えます。そのため売却する際においても、有利なのです。

 

投資の観点からも、これほど低リスクで固い投資方法は他に見当たらず、首都圏に建てる賃貸併用住宅は、最善の選択と言えます。

 

また、ビジネスに関しても、今後の日本では首都圏に一層集中して行くことが予想されるので、オーナーさんのお仕事(勤務先)に関しても地方より安定して勤務し続けられる可能性が高く、また、職を探すことになったとしても探しやすいでしょう。