水道工事の承諾書が、もらえてなかった!

こんにちは。たちみえです!

書き忘れていましたが、私道はうちの水道管工事が終わった後、アスファルトを全部舗装し直しました。
この私道に面している家全部が、キレイな道を歩けるようになりましたね。(笑)

水道工事でもお金がかかることを前にも書きましたが、百数十万かかりましたよ。
これはまあ、見ていたお金なのですが。

 

この私道は7人で分割して所有しているのですが、工事をするにはその全員の承諾をもらう必要があります。
この承諾がないと、掘削もできないし、工事の車両を入れることもできません。

この承諾は、物件を販売していた仲介店さんが、なんと、1年かかって揃えたそうです!
たいへんですね。(笑)

 

ところが水道管工事の直前になって、水道工事屋さんから

「もうお一人、承諾をもらう必要がある人がいるはずです」

と連絡が来たのです!

 

よーく調べると、確かにもうお一人、承諾をもらわなければならない人がいらっしゃいました。

このことは売り側の仲介店さんが漏らしてしまっていた訳なのですが、普通に登記謄本を見ただけではわからない内容になっていました。
それで漏らしてしまったのですね。

水道工事屋さんが工事をするにあたって、念のために登記の全部事項証明書などをとって調べたら、わかったのです。

それで、売り側の仲介店さんがすぐ承諾をもらいに行ってくれまして、無事承諾をいただいて工事することができました。

ここまで工事も進んだところで万一承諾をいただけなかったらたいへんなことになっていましたので、ほっとしました。(笑)

私がこのブログを書いてます

TJP_180profile

はたらくおうちの営業担当、「たちみえ」こと達美恵子。
お客様の賃貸併用住宅購入を、手取り足取りサポートさせていただいています!

私の自己紹介は こちら です!